標津町サケと酪農でふるさと納税の返礼品が話題に!

この記事は約5分で読めます。

標津町は国内屈指の漁獲を誇る秋サケやホタテを主力とする漁業と国産飼料で育てたこだわりの牛肉や乳製品等を生産する酪農が話題!

 

スポンサーリンク

標津町 海はサケ・陸は観光と酪農で栄える町

 

町の面積は約625平方キロメートル。知床連山からオホーツク海に緩やかな傾斜で広がる原野で、中央部を標津川が悠々と流れています。

海岸には野付半島の基部があり、洋上わずか1キロ先には近くて遠い島、国後島を望みます。

多様な地形が入り交じり、道内旅行者が一度は目にしたい雄大で豊かな北海道らしい自然を見ることができるんです。

国内屈指の漁獲を誇る秋サケやホタテを主力とする漁業は、町を語る上で欠かせない魅力の一つなんです。

標津のサケは日本を代表するブランド品としても知られており、町内で食べられるサケ料理は、どれも絶品でほかでは味わえないので旅行の際はぜひサケ料理の試食をおすすめします。

雄々しく水中を泳ぎ、川を遡上する姿はサーモン科学館で観察も可能なんです。

同館はサケ・マスの展示をメインに標津の海の生物をはじめ、チョウザメなども水槽で公開しています。

 

広大な牧草地で約2万頭の乳牛により牛乳を出荷する酪農業と観光

 

広大な牧草地の中で酪農も盛んで、栄養分たっぷりの牧草で育った乳牛による「しべつ牛乳」をはじめとする乳製品や、国産飼料で育てたこだわりの牛肉も味わい深いです。

なので海はサケと陸は酪農製品の味を十二分に楽しめる標津町です。

 

ポー川史跡自然公園は自然を語る上で欠かせないスポット

 

東京ディズニーランド2個分にあたる約630ヘクタールの敷地面積を誇るポー川史跡自然公園は、標津町の自然を語る上で欠かせないスポットなんです。

園内には二つの国指定文化財「史跡伊茶仁カリカリウス遺跡」と「天然記念物標津湿原」があります。

町の自然・歴史・文化を学べるビジターセンターや、開拓時代の建物を復元した開拓の村が併設しています。

このうち伊茶仁カリカリウス遺跡は古代の竪穴住居跡は、当時の穴が埋まりきらず、地表面からくぼみとして観察できることが特徴なんです。

1遺跡としては国内最大の2549カ所に及ぶ緊くぼみが確認されています。

発掘調査により、繋住居跡はおよそ1万年前からほぼ途切れることなく人が暮らし続けた結果、残されたことが分かっています。

 

金塊の埋蔵伝説がある金山の滝

 

斜里岳を水源として、国道に沿うように流れる忠類川にある「金山の滝」は、紅葉の時期の景観は絶景そのものなんです。

6月下旬から初夏にかけては、サクラマスが3mの滝をジャンプして上る姿も見ることができます。

その名の示す通りかつては近くに金鉱山があり、金塊の埋蔵伝説も残っていますがいまだに発見せれていないようです。

ほかにも、国道244号沿いの白樺群生林、国内で初めて川でサケ釣りを楽しめるようになった忠類川など、自然にまつわる観光スポットが数多く存在しています。

 

鉄道遺産の保護を目指す標津転車台保存会

 

町の鉄道遺産の保護を目指す「標津転車台保存会」によって整備された転車台・蒸気機関車(SL)も継続して披露されています。

転車台にSLを乗せ、人力で回すデモンストレーションや、電動でSLを実際に運転することもでき、標津町の新しい観光資源として今後の期待が高まっています。

 

標津町概要

 

●人口⇒ 5177人(男2522人、女2655人)
●立地⇒ オホーツク海に面し、北は羅臼町、南は別海町。西に中標津町が隣接しています。
面積⇒ 約625平方㎞。知床連山からオホーツク海に向けて、緩慢な傾斜をもって原野が広がっています。
●町名の由来⇒ アイヌ語の「シペッ=大きな川」と「シペヲツ=サケのたくさんいる川」など諸説あります。
●町の花⇒ ハマナス
●町の木⇒ ナナカマド
●町技⇒ 剣道

 

標津町のふるさと納税の返礼品が話題になってます

 

ご寄付をいただいた金額に応じて、標津町の特産品の中から、ご希望の1点をお礼品として贈呈してますが、これが話題になってます。

お礼品の贈呈は、町外にお住まいの方で、同じ一年以内で複数回の寄付を行った場合でも、その都度お礼品を受取る事ができるんです。

 

返礼品の一覧(寄付金額 10,000円の場合です)

 

知床興農ファームソーセージセット

無添加・無着色の安心安全なハム、ソーセージ。こだわりの国産配合飼料で飼育しています。安心してお召し上がりください。

 

内容量

●あらびきウインナー⇒ (150g×1袋)
●バジルウインナー⇒ (150g×1袋)
●行者ニンニクウインナー⇒ (150g×1袋)
●チーズウインナー⇒ (150g×1袋)
●骨付きフランク⇒ (100g×2本)
●ハーブソーセージスライス⇒ (120g×1袋)

原産地はすべて標津町です。

 

醤油イクラ (500g) 冷凍もの

地元標津にこだわり、標津沖定置網から漁獲時期を10月中旬に限定し、特に魚卵の質や粒を厳選しました。

昔ながらの手もみで処理をしていますので、解凍後でも良質な旨みが逃げません。また醤油イクラに欠かせないタレは、島田商店で掛け合わせた昆布醤油ベースにしたタレで漬け込んでいますので味も格別です。

 

生ハンバーグセット

標津町の知床興農ファームで国産飼料で育てたこだわりの牛肉・豚肉を使った、旨味たっぷりの生ハンバーグとなっております。

 

標津ようかん3本セット

発祥の地、標津で産まれた羊羹です。あっさりとした甘味で、誰からも愛される品に仕上がっています。

またその味は北海道三大羊羹の一つにあげられている一品です。

 

牛ロースしゃぶしゃぶ用600g

標津町の知床興農ファームで国産飼料で育てたこだわりの牛肉。旨味のあるヘルシーなお肉です。

標津町搾乳牛から生まれた雄子牛を、去勢させないでオスのまま育てたのが興農牛の特徴で、未去勢若齢肥育を行っています。

 

知床興農ファームソーセージセット

無添加・無着色のソーセージ。こだわりの国産配合飼料で飼育しています。

屠畜(とちく)直後の肉を使用することによって、結着剤や保存料は一切使わないで香辛料のみで作ったソーセージです。

原料となる豚はこだわりの国産配合飼料を使用して、遺伝子組み換えをしていないエサを食べさせて育っていますので安心です。

 

タイトルとURLをコピーしました