スポンサーリンク

最新全国旅行支援の申請方法を教えます2022

この記事は約6分で読めます。

 

 

全国旅行支援とは、政府の財政支援を受けて各都道府県が実施している「県民割」の全国版のこと。10月11日からスタートしました。


尚、終了日は12月20日までです。(延長の可能性?)


宿泊料金に対しての割引支援が中心で、飛行機や新幹線を使ったり、旅行客が少ない平日に旅行をすると補助額が上乗せされます。


旅行中に使える地域クーポン券も合わせると、1人あたり1泊あたりの補助額は最大で11,000円となるので県民割より4,000円多くなります。

 

1回の旅行で7連泊までが対象となり、利用回数に制限はありません。

 

すでに完売してしまった都道府県もありますが、まだまだ予約できる予約サイトも多数!

 

話題にはなっているものの、制度が複雑で少しわかりづらい…。今からでもまだ遅くない、基本情報や最新情報をまとめました。


現在、ジェイトリップツアーでは、全国旅行支援対象プランを販売中!
予定販売数に達し次第、終了となりますのでご予約はお早めにどうぞ。

 

 

 

スポンサーリンク

全国旅行支援はどれくらいお得なの?

 

旅行代金の40%相当が割引され(交通付旅行の場合、1泊あたりの上限8,000円)、GoToトラベルのように、現地で使える地域クーポン券(平日は3,000円分、休日1,000円分)が付与されます。

 

 全国旅行支援
実施期間2022年10月11日~2022年12月20日
割引率40%
割引上限額
(1人1泊あたり)
交通付 8,000円
その他 5,000円
条件「ワクチン接種歴3回」または、
「PCR検査等の陰性結果」など

 

 

 

交通付き(飛行機やJR)ツアーの場合、1泊あたりの割引上限額は8,000円となります。

 

平日なら1泊あたり3,000円の地域クーポンが付与されるので、最大で受けられる1泊あたりの補助額は、交通付の平日旅行で11,000円(割引8,000円+平日クーポン3,000円)となります。

 

例えば

 

平日3泊4日で旅行代金が60,000円の場合は

 

 

 

 

全国旅行支援と地域独自の助成金を併用できる

 

鹿児島県の離島行きの旅行は独自に割引支援を上乗せすることを発表しています。

 

その他にも都道府県ではなく、地方自治体による助成金を利用した観光事業支援は、割引を併用できる場合もあります。全国旅行支援と地域独自の助成金を併用できる

 

 

スポンサーリンク

予約済みの旅行の全国旅行支援「あとから割引」について

 

全国旅行支援の開始前に予約した旅行でも、条件や対象期間にあてはまれば「あとから割引」を適用できます。
ただし、ほどんどの予約サイトで10月10日以前に予約した旅行が対象のようです。

 

ご利用前に①~③を確認します。

 

①居住地の確認

②ワクチン・検査パッケージの利用

③全国旅行支援支援の利用に合意


「あとから割引」を期待して予約した方にご注意いただきたいのが、予約サイトが販売を開始する期間からしか適用できないということです。

 

例えば、

A予約サイトで10月21日の東京旅行を予約している

A予約サイトは準備が間に合わず、10月24日から東京都の全国旅行支援を販売開始する

 

この場合、10月21日の東京旅行は割引支援の対象外となってしまいます。
各都道府県から販売をしていいと許可が出るまで対象にならないのです。


また予約サイトごと、各都道府県ごとに予算が配分されていますが、すべての予約済みの旅行にあとから割引を適用できるだけの充分な予算が配分されていないようです。

 

ジェイトリップツアーでは、すでに「あとから割引」の対象となるお客さまへ手続きに関するご案内をお送りしております。


売り切れてしまった都道府県に予算が追加され、販売を再開する際は、あとから割引が適用されない見込みのようです。


全国旅行支援を販売中の旅行会社を探して予約しましょう。

 

 

全国旅行支援予約後の流れ

 


この記事では、ジェイトリップツアーで、全国旅行支援対象プランを予約した方の手続きの流れについてご紹介します。

 

STEP1


まずはツアーをさがそう!
ジェイトリップ国内ツアー予約サイトで全国旅行支援対象ツアーをさがしましょう。対象のプランは全国旅行支援の「ロゴ」が目印です。

 

STEP2


予約時に割引支援額を確認
ジェイトリップなら、複雑な割引額とクーポン付与額がひと目でわかります。割引支援を最大限に活用して飛行機やホテルを選びましょう。

 

STEP3


適用条件に同意・必要書類の確認
全国旅行支援利用対象ツアーのご利用条件に「同意」が必要となります。


本人確認書類(居住地確認)やワクチン接種歴の確認、PCR検査等の陰性証明書の提出は都道府県ごとに提出方法が異なります(ホテルチェックイン時の確認となる場合がほとんどです)。

 

STEP4


割引額が適用された旅行代金をお支払い
適用条件に同意いただいた後、割引価格にてお支払いください。

 

STEP5


クーポンはホテルでお受け取りください
ホテルチェックイン時に地域クーポンをお受け取りいただけます(都道府県により配布方法が異なる)。

 

スポンサーリンク

全国旅行支援予約前に準備しておくことは?

 


●泊まりたいホテルが参画しているかチェック


全国旅行支援に参画しないホテルは割引・地域クーポン配布の対象外となります。


泊まりたいホテルが全国旅行支援に参画しているかどうか確認をしておきましょう。


事務局公式サイトで、参画ホテルの一覧が随時更新されています。


47都道府県情報(全国旅行支援 統一窓口)

 

ペンションや民宿など規模が小さい宿泊施設は、申請等の手続きが面倒だから…と参画をしないことも考えられるかもしれません。

 

●ワクチン・検査パッケージ


全国旅行支援の利用条件のひとつに「ワクチン・検査パッケージ」の利用が義務付けられています。

 

ワクチン接種歴3回の方は①~③いずれかの書類の提示が必要です(都道府県によって若干異なる可能性あり)。手元にあるか確認をしておきましょう。

 

①新型コロナウイルスワクチン予防接種済証

②新型コロナウイルスワクチン接種記録書

③新型コロナウイルスワクチン接種証明書

 

PCR検査・抗原定性検査等を利用される方は、旅行の直前に(方法によって有効期間が異なる)検査する必要があります。


検査費用は基本自己負担となりますが、各都道府県が実施している「検査無料化事業」を利用し、無料で検査を受けることができる場合もあるので、お住まいの都道府県の検査所を確認しておきましょう。

 

●利用する旅行会社を決めておく

 

スムーズに予約するために、あらかじめご自身が予約しやすい旅行会社を決めておきましょう。事前に会員登録しておけば、予約時の入力が省略できる場合があります。

 

2全国旅行支援にかんする予約サイト一覧


ジェイトリップ


JALパック


ANAトラベラーズ


ANAスカイツアーズ


スカイパックツアーズ


JR東海ツアーズ


一休.com


じゃらんnet


楽天トラベル


Yahoo!トラベル


JTB


るるぶトラベル


HIS


日本旅行


近畿日本ツーリスト


エアトリ

 

以上 楽しい旅行を満喫してください!

 

タイトルとURLをコピーしました