コロナワクチン接種で抗体がつきやすい人とつきにくい人ってだれ

この記事は約7分で読めます。

新型コロナワクチンの64歳以下への接種がいよいよ始まったんですが、気になるのは、どんな人に抗体がつきやすいのか、つきにくいのか、と副反応なんです。


そこで、これまでの日本人のワクチン接種から明らかになった、それぞれの特徴を整理してみたんです。

スポンサーリンク

20代女性は60代男性の2倍の抗体を獲得

 

千葉大学病院が職員1,774名に対して、ワクチン接種前と2回接種後での抗体量を調べたところ、99.9%ほぼ全員がウイルスと闘うに十分な量まで増やしていたことがわかったんです。

そして、抗体は年齢や生活習慣でつきやすさが異なることが明らかになったんです。


抗体がつきやすいのは、女性・若い・新型コロナ感染者・花粉症薬などの抗アレルギー薬の内服ありで、


抗体がつきにくいのは、年配・男性・お酒好き・免疫抑制剤・副腎皮質ステロイド内服ありだったんです。


私はお酒好きなんで抗体がつきにくい方なんです・・・悲しいで~す!

 


高齢者男性と晩酌する人ほど抗体量は少ない

 


実際、千葉大の調査では20代女性と60代男性とでは抗体量が2倍近く違っており、新型コロナ感染歴のある人の方が接種後の抗体量が多いことがわかったんです。


また、毎日飲酒する人は、まったく飲まない人に比べて20%も抗体量が少ないんです。

 

 

接種からどのくらいで感染防御機能は高まるのか?

 

国立感染症研究所の「新型コロナワクチンBNT162b2(Pfizer/BioNTech)を接種後のCOVID-19報告率に関する検討」(第1報)によると、


1回目の接種を終えた医療従事者のうち、接種後に新型コロナ感染が判明したのは281名。


1回目の接種日からどれくらいの期間で感染したかを調べたところ、


0~13日⇒ 181名


14~20日⇒ 41名


21~27日⇒ 34名


28日以降⇒ 25名


接種から2週間ほどで感染を抑える効果が生まれることがわかった。1回目接種から2週間は用心した方がいいようです。

 


2回目接種から30日後には中和活性が40%減


ただし、それが長続きするのかは不明なんです。

 

国立国際医療研究センターがメディア向け勉強会で明らかにしたファイザー製ワクチンの接種後の中和活性の変動や抗体価の動きによると、2回目の接種から7日後の中和活性は、1回目のそれよりもほぼ8倍上昇したものの、2回目接種から30日経つと多くは中和活性は低下し、平均で40%減少していたという。

 

スポンサーリンク

医療従事者223名を対象にしたワクチン接種後の副反応の割合


むろん、これは途中経過でハッキリしたことは言えないが、ワクチンを2回接種しても、その後も打つ必要があるかもしれないんです。

 

 

ワクチン副反応は若い女性に多いが心筋炎は若い男性

 

気になる副反応はどうか。今月9日の厚生労働省の専門部会に提出された、5月30日までの副反応の累積数は2万5,032件。


副反応で多いのは順に、発熱⇒ 3,724件、倦怠感⇒ 2,425件、頭痛⇒ 2,256件、アナフィラキシー反応⇒ 1,247件、関節痛⇒ 960件、悪寒⇒ 942件


疼痛⇒ 884件、悪心・嘔吐⇒ 794件、そう痒症⇒ 630件、ワクチン接種部位疼痛⇒ 613件、紅斑⇒ 530件、蕁麻疹⇒ 475件、異常感⇒ 426件、筋肉痛⇒ 424件、発疹⇒ 407件、浮動性めまい⇒ 401件。

 


男性より女性に出やすく、ファイザー製ワクチンデータでは


男性⇒ 1,911件(うち重篤249件・死亡59件)、


女性⇒ 8,728件(同1,007件・63件)


年代別で見ると40代、30代、20代、50代の順で多いが、接種数を考えると若い人ほど副反応が出る確率が高い。


なお、心筋炎は若い男性に多いことがわかっている。


若い人ほど副反応でるという事は、それだけ抵抗していてその分抗体量も多いという事なんです。

 

 

米製薬大手ファイザーは3回接種によるブースター効果が効果的

 

米製薬大手ファイザーは7月28日、3度目のワクチン追加接種によって免疫力が高まり、感染予防に効果的だとするデータを公表したんです。

 

世界中で感染が広がっているデルタ株。ファイザーは、3回目の追加接種でデルタ株に対する中和抗体の量が増えたという研究結果を報告がされたんです。


2回接種した後に比べて、中和抗体が最大100倍に増加する想定を明らかにした。追加接種について、来月にも関係機関に緊急使用に向けた承認を申請する見通しなんです。

 

スポンサーリンク

男性より女性の方が抗体がつきやすく高齢者ほど抗体がつきにくい


世界中で接種が進み、徐々にわかってきたワクチンの働き。日本でも、ワクチン接種による抗体量の変化に着目した研究が進められている。


ニュース番組「ABEMAヒルズでは、藤田医科大学の講師・藤垣英嗣さんを取材した。

 

結果としては、1回目の接種後は個人差があって(抗体量が)上がる人もいたが、ほとんど上がっていない人も数人いた。1回目でほとんど上がっていない人でも、2回目の接種後には上がってくることも確認できた」

 

藤垣さんら研究グループは、大学の教職員219人を対象にファイザー社製のワクチンを接種する前後に採血を実施。抗体量を測定した。


その結果、3つの抗体すべてが1回目の接種後に上昇。2回目の接種後には、免疫をつかさどる上でメインとなる「IgG抗体」が大幅に上昇した。

 


さらに研究では、年齢や性別における抗体量の違いも調査。藤垣さんによると、男性と比較して女性は抗体量が多く、男性は年齢を重ねているほど抗体量が少なかったという。


「男性と女性で抗体価を平均すると、男性よりも女性は抗体ができやすく、女性の方が有意差をもって高かった。


特に男性は年齢差があるようで、高齢者ほど抗体ができにくいこともわかった。女性はそこまで年齢の影響はなかった」

 

今回の研究結果を受け、改めて藤垣さんは「ウイルスに対して防御能力が獲得できる」とワクチン接種の重要性を訴える。

 

「ワクチンを接種すると、多くの人に副反応が起きる。実際にウイルスに感染しても軽症で済むだろう。症状は出ないと考えている若い人もいるかもしれません。


しかし、ウイルスに感染すると、酷い咳といった症状が出る場合もありますし、味覚・嗅覚に後遺症が残る場合もあります。


ウイルスに感染して、いろいろな症状が出るよりも、ワクチンを接種して1~2日でおさまる副反応が出ても防御能力を獲得する。そのメリットの方が大きい事を考えてほしい」

 

スポンサーリンク

抗体検査、IgMとIgGの違いって?

 

抗体検査とは過去にそのウイルスに感染していたかを調べる検査です。
抗体は免疫グロブリンというタンパク質のことであり、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類があります。


今回はその中から主に検査の対象となるIgMとIgGの2種類の違いを説明いたします。

 

 

IgMとは

 

細菌に感染した時に一番最初に作られる抗体です。


発症してから1週目の中頃から後半に生成が開始され、検査で検出可能になるのは発症後2週目頃からとされています。


そのためウイルスに感染して間もないと陰性になってしまうことがあるため、現在感染していないという陰性の証明に利用することは難しいとされています。


その後、2週間から4週間ほどをかけて消失していき検査実施をしても検出されなくなります。

 

 

IgGとは


IgMが生成された後に生成され始めます。一般的に抗体検査というとこのIgGを調べることが多いです。


比較的長期間持続されるとされており、その期間は数ヶ月~数年とウイルスによって異なります。(新型コロナウイルスの持続期間に関しては現在調査中です。)


IgGが消失すると再感染する恐れがあるため、ワクチンの接種などによって再度免疫を獲得することが望まれます。

 

 

コロナワクチン接種で抗体がつきやすい人とつきにくい人ってだれまとめ

 

●20代女性は60代男性の2倍の抗体を獲得


●2回目接種から30日後には中和活性が40%減


●副反応は若い女性に多いが心筋炎は若い男性


●3回目のワクチン追加接種によって免疫力が高まり、感染予防に効果的に大。

 

ワクチンを接種すると、多くの人に副反応が起きる。実際にウイルスに感染しても軽症で済むだろう。症状は出ないと考えている若い人もいるかもしれません。

 


しかし、ウイルスに感染すると、酷い咳といった症状が出る場合もありますし、味覚・嗅覚に後遺症が残る場合もあります。


ウイルスに感染して、いろいろな症状が出るよりも、ワクチンを接種して1~2日でおさまる副反応が出ても防御能力を獲得する。そのメリットの方が大きい事を考えてほしい

 


若い人も積極的にワクチン接種して、マスクなしの生活に戻りませんか?



姉妹サイトである ”日本の最新ニュースや話題を届ける情報ステーション”  
釧路ラーメンやPCに関する情報を提供しています! ( `・∀・´)ノヨロシク


新型コロナウイルス
スポンサーリンク
よしたかをフォローする
YoshitakaS Info
タイトルとURLをコピーしました