コロナワクチン効果にデマの拡散は中国とロシアが配信してた?

この記事は約3分で読めます。

河野太郎ワクチン担当大臣は6月24日、自身の公式ブログを更新し、新型コロナワクチンを巡るさまざまな「デマ」について注意を呼びかけるとともに、具体的な根拠を挙げつつきっぱりと否定したんです。

河野大臣はこうしたデマがなぜ拡散されるのかについて、EUの対外行動庁が4月に公表した報告書によれば、

中国やロシアが、ファイザーやモデルナのmRNAワクチンの信頼性を傷つけるような情報発信をソーシャルメディアなどを使って複数の言語で行っています。

中国は自国のワクチンが信頼されず敵対ワクチンを攻撃するのは上等手段と分かっていたんですが、まさかロシアまでも・・・・

スポンサーリンク

コロナワクチン効果にデマの拡散は中国とロシアが配信してた

「また、ワクチンに関する偽情報やデマを監視している団体によると、TwitterとFacebookにあるワクチン関連のそういった誤った情報の65%はわずか12の個人と団体が引き起こしていることが確認されています」と報告。

新型コロナワクチンに関するデマを流す目的は

新型コロナワクチンに関して、世界各国で研究製造されているんですが、各国において様々な思惑が先走って、世界をリードしたいと思っているようなんです。

そこで新型コロナワクチンに関するデマを流す目的予想してみました

1⇒ ワクチンを批判して、自分の出版物やオリジナル商品に注目を引き寄せて、お金を稼ぐ

2⇒ 科学よりも自分の信奉するイデオロギーに基づいて主張する

3⇒ 過去に誤ったことを発言したために抜け出せなくなっている

4⇒ 自分に注目を集めたい

という4点が大きいとされていると指摘したんです。

スポンサーリンク

日本で多い新型コロナワクチンに関するデマ

さらに、日本で流布されるデマは、当初海外で発信されたものが、しばらくして日本にたどり着くケースが多いと思います。

加えて、現在流布されているデマの一部についても、河野大臣は具体的な論拠を挙げつつはっきりと否定。

例えば

●「ワクチン接種された実験用のネズミが2年で全て死んだ」

●「ワクチン接種された実験用のネコが全て死亡した」

というデマについては、

「実験用のネズミの寿命がそもそも2年程度ですから、ワクチンを接種した人間が100年で全て死んだといっているのに等しいことになります」

「ヒトに関する研究の前段階としての動物実験でネコは一般的に使われません」と一刀両断。

●「ワクチン接種により不妊が起きる」

●「卵巣にコロナワクチンの成分が大量に蓄積する」

●「ワクチン接種で遺伝子が組み換えられる」

●「治験が終わっていないので安全性が確認されていない」

●「長期的な安全性がわからない」

これらはいずれも、明らかな誤りであったり、科学的な根拠のないものであると断言したんです。

コロナワクチン効果にデマの拡散は中国とロシアが配信してた まとめ

今回のブログの内容は、新型コロナウイルスについての正確な情報を発信するプロジェクト「こびナビ」の監修を受けて書かれているとのこと。

ネット上では河野大臣のブログに対し、「とても分かりやすかったです」

「担当大臣が直接発信するのはとてもよきこと」

「デマを信じる人たちにも届いてほしい」

といった声がみられました。



姉妹サイトである ”日本の最新ニュースや話題を届ける情報ステーション”  
釧路ラーメンやPCに関する情報を提供しています! ( `・∀・´)ノヨロシク


新型コロナウイルス
スポンサーリンク
よしたかをフォローする
YoshitakaS Info
タイトルとURLをコピーしました