新型コロナ対策である次亜塩素酸水の危険なやり方

この記事は約5分で読めます。

新型コロナウイルスの感染拡大で、対策として自治体からの無料配布や、各メーカーの販売で各企業や各家庭で使われるようになった次亜塩素酸水なんですが、消毒液として間違った使い方をしたら、逆に身の危険にさらすんです。

またアルコールが不足している現在、厚生労働省と経済産業省では、新型コロナウイルスの感染防止で、食器や手すり、ドアノブなどの消毒には、アルコールよりも熱水や塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)が有効だと呼びかけているんです。

その次亜塩素酸水なんですが、筆者が勤務する某会社でも新型コロナ対策で使ってるんです。( ; ?ω? )

当初は次亜塩素酸ナトリウム配合のブリーチを薄めて使っていたんですが、最近上司から次亜塩素酸水に変更されたんです。°(´∩ω∩`)°。

スポンサーリンク

間違った方法で次亜塩素酸水を使ったら身に危険を及ぼす

結論から申し上げれば、次亜塩素酸水を噴霧しない、そして吸入してはならないんです。

消毒用アルコールが不足している中、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ代替品として、次亜塩素酸水を一部の自治体で無料配布する等、企業間では次亜塩素酸水を消毒用として増えてきました。

次亜塩素酸ナトリウムを配合する商品には、「危険」と表示されているんですが、次亜塩素酸水は表示がないので「安全」という情報が、ネット上で見受けられんです。

次亜塩素酸水を加湿器で噴霧する方法が一番危険!

空間に次亜塩素酸水が放出されれば、口や鼻を通して体内に吸収されるんです。その蒸気を吸っていれば、肺を痛める恐れもあるんです。

目に入れば粘膜が破壊されて最悪失明に!

次亜塩素酸水に含まれる塩素は、生きているものを殺すわけですから、皮膚や粘膜をも破壊するんです。

絶対にやってはいけない噴霧を、部屋の消毒としてしている人が多すぎるんです。

前述してる筆者が勤務する某会社でも消毒用として次亜塩素酸水を噴霧してるんですよ!!!

スポンサーリンク

次亜塩素酸水とは何やねん?

次亜塩素酸水は、厚労省からの指針により食品衛生法で生成方法が指導されている食品添加物です。

厚労省は、食品添加物でありその殺菌効果と安全性が確かな次亜塩素酸水を食塩や塩酸を水に溶かして電気分解したものと定義しています。

次亜塩素酸水の製造方法で効果が違う

そのひとつとして、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を希釈、もしくは、塩酸、クエン酸などの酸性溶液を混ぜる事によってpH調整した水溶液を次亜塩素酸水として販売してるんです。

厚労省の指針で、殺菌効果と安全性が確かな次亜塩素酸水の定義は、食塩や塩酸を水に溶かして電気分解したものなんです。

したがって、上記のように次亜塩素酸ナトリウム水溶液を希釈した物や、他の酸性溶液を混ぜ合わせて作られた消毒液は、厳密には次亜塩素酸水とは言えないんです。

またこれらの混合液は、厚労省の通達で化学反応が生じている可能性があるため、販売そのものが認められていません。

次亜塩素酸水は食品添加物に指定だからって安全だと思わない!

みんなが使っているから安全・安心なんだとか、厚労省が食品添加物に指定しているから安全だという考え方が広がっていることなんです。

厚労省は2002年、電気分解方式の次亜塩素酸水を殺菌料として食品添加物に指定していますが、食品の殺菌に用いられる次亜塩素酸水は、最終食品の完成前に除去していれば、安全性に懸念がないと指針を示しているんです。

そのため食品添加物=安全というのは、誤っているんです。

厚労省が新型コロナウイルスの感染防止に有効だと発表し、水道水の殺菌にも使われる次亜塩素酸ナトリウムも食品添加物と指定されているのが良い例なんです。

次亜塩素酸水には有効期限があって消毒したから安心は危険なんです!

皆さんは手頃で手に入る次亜塩素酸水を過信していませんか?

次亜塩素酸水って取り扱いが難しいんです。

そして、一番怖いのが「次亜塩素酸水で消毒したから安全だ」と思ってしまう。

次亜塩素酸水は、化学的に不安定な水溶液で、直射日光を浴びせず、どんなにしっかりと保管しても、時間の経過とともにその効果が薄れていくんです。そして不純物が混入しても同様なんです。

経産省からの要請で製品評価技術基盤機構(NITE)が効果の確認をしたところ、5月29日現時点において、「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない。との中間結果を公表したんです。

そして、噴霧による人体への安全性については、確立された評価方法が存在していないんです。

また消費者からの事故情報データバンクに、噴霧による健康被害らしき報告が届いているんです。

新型コロナ対策である次亜塩素酸水の危険なやり方まとめ

ウイルスに効くと謳って、効かないものを売る業者に注意しなくてはならないのです。

典型的な不安商法で、全く役に立たない商品も売られ、消費者に使われています。

次亜塩素酸水は効果の差があるだけで、体にとっては劇物や毒物なんです。

菌やウイルスだけ反応して、体には反応しない消毒薬は存在しないんです。

消毒用アルコールでも、目や鼻の奥などの粘膜に触れたら刺激が強く、炎症を起こしてしまうんです。

そして、その蒸気を吸えば、肺を痛める恐れもあるんです。

医療現場においては、人がいる空間において消毒薬の噴霧は推奨しないのが原則なので、まずは医療現場で使い方が確立できてから、次亜塩素酸水等の消毒の仕方を真似るべきなんです。

筆者の某会社も使っているんです。後日上司には報告します。…

タイトルとURLをコピーしました