過剰コロナ対策で肺が炎症して感染したと誤認

この記事は約4分で読めます。

新型コロナが流行していますが、家庭ではコロナ対策としてドアノブ等を消毒してると思いますが、次亜塩素酸ナトリウム消毒液を使用した際まちがった使い方をしたら肺が炎症して新型コロナと誤認される!

スポンサーリンク

過剰コロナ対策で肺が炎症して感染したと誤認

中国河南省鄭州(かなんしょうていしゅう)の病院に、女性2人は発熱・せきや呼吸困難などの症状がなかったので、一般外来で診察に来たんです。

女性2人は、めまいや脱力感などの症状があるので入院したんです。

新型コロナウイルスへの警戒が続いてる最中CTスキャン検査をしたところ、患者の肺からすりガラス状の白い影が見つかったんです。

この白い影は、新型コロナ肺炎の特徴と一致したんです。

でも患者は武漢に行ったこともないし、周りに新型コロナウイルス感染患者もいないという事なんです。

また症状や血液検査しても、新型コロナ肺炎のものとは一致しなくて、医師らを悩ませたそうなんです。

原因は過剰コロナ対策だった!

医師が日常生活の事情を聞いたところ、患者は新型コロナウイルスを恐れて、毎日「84消毒液」という消毒剤を使って隅から隅まで家中を消毒していたことが判明したんです。

84消毒液とは、次亜塩素酸ナトリウムを主要成分とする、中国ではスーパーなどで売られている一般的な商品なんです。

日本でも、ウイルス対策として、厚生労働省や自治体などのHPに、ハイターやブリーチなどの塩素系漂白剤を水で希釈して次亜塩素酸ナトリウム消毒液を作る方法が紹介されているんです。

中国当局は「84消毒液」について、説明書では100倍に希釈するよう求めている。原液のまま直接使用は禁止になってるんです。

医師が患者に希釈の割合を聞いたところ、少し水を入れて高濃度のまま使用を続けていたことがわかったんです。

さらに消毒後も窓を閉めっぱなしで、換気することも知らなかったようなんです。

医師が下した診断は、新型コロナウイルス感染ではなく、長時間にわたり高濃度の84消毒液を吸い込んだための「アレルギー性肺胞炎」と断定したんです。

スポンサーリンク

アレルギー性肺胞炎とは

アレルギー性肺胞炎とは日本呼吸器学会の解説によると以下のようなものになっています。

肺にある小さな空気の袋(肺胞)や最も細い気道(細気管支)の内部や周囲に発生する炎症で、細菌やウィルスなどの病原体が原因でなく、有機物の粉塵や化学物質(これらを抗原と呼びます)を繰り返し吸い込んだことによるアレルギー反応が原因となります。
息切れ、せき、発熱といった症状が見られ、抗原を避けることにより、改善しますが、長期間抗原に曝露されていると炎症が慢性化し、肺がどんどん固くなります。

日本呼吸器学会HPより

高濃度の化学物質を長時間繰り返し吸い込んでいると、アレルギー反応によって肺胞に炎症が起きる。その映像が、新型コロナウイルスの映像とそっくりに映るようです。

医師らが患者に家の消毒液をアルコールに変更してもらい、アレルギーの治療をしたところ、すぐに治療効果が出て2~3日後再度検査したところ、肺の影は基本的に消えたんです。

その医師は、もし新型コロナ肺炎の治療基準に沿って治療していたら、さらに病状が悪化していた可能性があったんです。

家の中に感染者がいない家庭環境であれば、過剰な消毒はいらないんです。

ドアノブ・テーブルやイス等を消毒して、よく手洗いをすればよいと、医者が話していました。

漂白剤で新型コロナ用消毒剤の作り方と使用時の注意

日本でも新型コロナ感染予防のために、次亜塩素酸ナトリウム成分であるハイターやブリーチを薄めて、消毒する方もいらっしゃると思うんです。

消毒液は濃いほど良いと言うものではなく、正しい使い方しないと後から思わぬ事態が押し寄せてきます。

500mlの水に対して原液は、ペットボトルのふた一杯なんです。

新型コロナ用消毒剤使用時の注意事項

● 手指の消毒には絶対に使用しないでください。
●  使用する際は十分に換気してください。
● 有害ガスが発生するため、酸と混ぜて使用しないでください。
● 汚れが残ったまま使用すると効果が弱まります。できるだけ汚れを落としてから使用してください。
● 漂白作用があります。容器の使用上の注意を確認してください。
● 商品により塩素濃度が異なるので表示などを確認してください。
● スプレー等での使用時には、顔にかからないように注意してください。

新型コロナ用消毒剤保管する時の注意事項

●希釈したものは時間が経つと効果が減っていくので、その都度使い切る良い。
● 希釈したものをペットボトルで保管するときは、誤飲しないよう容器に目立つように薬品名や濃度を記入しておく。
● 原液、希釈液ともに、アルミホイルなどで包んで光を遮り、直射日光の当たらない場所で保管する。
● 危険なので、子どもの手の届かないところに保管する。

タイトルとURLをコピーしました