スポンサーリンク

新型コロナ感染対策に紅茶が予防効果に期待

この記事は約5分で読めます。

新型コロナの感染予防にはどんな対策が有効なのでしょうか。大阪府立大学の山崎伸二教授は、紅茶には感染予防効果があると考えられていて、日常的にちょこちょこ飲みを続けることで、手軽で安価な対策になるはずだと話していました。

 

 

スポンサーリンク

新型コロナ感染対策に求められるのは手軽で安価

 

新型コロナの世界的流行からはや2年が経ち、今ではオミクロン株が世界中で流行しています。


日本でも感染拡大の波が幾度も押し寄せ、私たちの生活は一変させられています。


ワクチンや治療薬の開発が進む一方で、いまだに症状のメカニズムや有用な治療法は確立されていません。

集団免疫を得るにはまだ程遠い状況です。

一時的に収束しても、すぐに感染力の強い変異株が現れ、今後も感染の再拡大が懸念されています。

 

 

そこで世界で求められているのが、ウイルスの拡散を防ぐための手軽で安価な対策です。


そんな中、着目したのが紅茶です。


紅茶は、比較的安価で手に入れやすく、世界中で多くの人々に愛されています。一部の間では私たちの生活に深く浸透している飲み物です。

なぜ紅茶に着目したのかというと、紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスの感染力を減少させる研究結果がすでにあったからです。

 

 

新型コロナとインフルエンザは、エンベロープという膜を持っているウイルスです。

新型コロナにも効果が期待できるのではないかと、2020年10月に大阪大学・大阪府立大学・三井農林の三者共同による、新型コロナに対する紅茶の抗ウイルス活性の研究をスタートしました。

 

 

紅茶に含まれるポリフェノールが新型コロナの感染力を減少させる

 

先に結論からお話しすると、紅茶の効果についてわかったことは、大きく分けて2点あります。

 


1点目⇒


市販のティーバッグでいれた紅茶で新型コロナウイルスを処理すると、わずか10秒でウイルス感染力価(細胞に感染するウイルス数の指標)が減少すること。

 


2点目⇒


通常の飲用濃度よりも低い濃度の紅茶でも新型コロナ感染力価は減少するということです。

 

スポンサーリンク

紅茶でどのような実験を行ったのか


今回調べたのは、


①それぞれ異なる茶ポリフェノールの水溶液20種

②粉末緑茶溶液

③粉末紅茶溶液

④紅茶のティーバッグ抽出液

 


それぞれを新型コロナ(SARS-CoV-2)と一定時間作用させることで、抗ウイルス活性を調べました。

 

抗ウイルス効果が認められたのは

②・③・④の3つの溶液でした。

いずれも、新型コロナウイルスの感染力価を減少させました。

 

 


このことから、濃度の低い緑茶や紅茶でもウイルスの感染力価を減少させることがわかりました。


①では、新型コロナの感染力価はあまり低下しませんでした。

結果としては、それぞれポリフェノール単体よりも、②、③、④のように複数のポリフェノールが存在することで、より強い効果を発揮したためと考えられます。

 

 

紅茶は10秒でウイルスを不活化

 

次に、②、③、④を新型コロナウイルスと作用させる時間を変えて評価しました。溶液の温度は、いずれも25℃としました。

 


粉末緑茶溶液では、感染力を持つウイルスを不活化するまで10分間必要でした。

粉末紅茶溶液と紅茶ティーバッグ抽出液では、共にわずか10秒でした。

 

 

紅茶を飲むことで免疫力がアップする

 

感染症対策としては免疫力を高めることも重要です。

紅茶を継続的に飲むことで、ウイルスに侵された細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞の活性が高まり、唾液中の分泌型の抗体(SlgA)濃度が増加して、免疫力が高まるという研究結果があります。

 

 

20歳~60歳の72名を対象とした臨床試験では、1日3杯の紅茶を12週間継続して飲み続けたところ、風邪がひきにくくなり、ひいても重症化しにくくなったとの報告がありました。

なので免疫力アップの観点からも、紅茶は注目されています。

 

 

スポンサーリンク

飛沫感染予防には紅茶のちょこちょこ飲み

 

ウイルスと細菌の違いをわかっている人は少ないのではないでしょうか。

細菌は自己複製能力を有しますが、ウイルスは生物ではないので、人間や動物の細胞内のみでしか増殖できません。

新型コロナもウイルスなので、人の体内(細胞)の中に入らない限り増殖できません。

飛沫感染やエアロゾル感染と言われるように、感染した人の唾液がほかの人の体内に入ることで新型コロナが増殖し、他の人に感染させてしまいます。

 

 

つまり、唾液中のウイルスを不活化する、あるいは体内に入れないようにすることが、最大の感染防止策になるのです。

紅茶を飲むことで新型コロナ感染者の口腔内でウイルスが減少すれば、飛沫による人から人への感染リスクを低下させる期待ができます。

 

家庭で飲むのはもちろん、飲食店で食事をする際に紅茶を飲むようにすると、感染リスクを低減させることができるでしょう。

また、紅茶を飲むとポリフェノールが口腔内で10分程度は残るという研究結果もあります。

 

なので一度にたくさんの量を飲むのではなく、少しずつでも良いから飲む頻度を上げるために、ちょこちょこ飲みが感染対策としてはより有効のようです。

また、カフェインレスの紅茶でも、効果は変わらないことが確認されています。

なのでカフェインが苦手な人・妊産婦さんや小さいお子さんは、カフェインレスの紅茶を選ぶといいでしょう。

 

 

新型コロナ感染対策に紅茶が予防効果に期待まとめ

 

当然のことですが、紅茶は薬ではありません。

紅茶を飲めば、ほかの対策はもうしなくてもいいということにはなりません。


紅茶を飲むことで口腔内のウイルスを減少させることは期待できますが、鼻から上気道に入ってくるウイルスを防ぐことはできません。

なのでワクチン・マスク・手洗い・換気などの基本的な対策をしっかり行いながら、紅茶を自分でできる手軽で安価な対策として取り入れてほしいです。

 


自分がもし感染していたとしても、人には感染させないという意識がとても大切です。

紅茶のちょこちょこ飲みを日常的に取り入れて、飛沫感染やエアロゾル感染を防ぐことが期待できるので、ぜひ試してください。

タイトルとURLをコピーしました