スポンサーリンク

コロナワクチン有料化になったら価格はいくら?

この記事は約3分で読めます。

国費により無料で行われている新型コロナのワクチン接種なんですが、現在の無料接種を有料化する議論が政府で進められています。無料化による国費は昨年1年間で2兆3396億円がつぎ込まれています。有料化になったら価格が気になります。

 

スポンサーリンク

新型コロナ予防接種法上で緊急接種の必要性が薄れたとして見直しか?

 


新型コロナウイルスは現在、感染症法上の分類で重篤性や感染力の強さから2類に位置付けられています。

 

しかし政府は死亡率、重症化率が低下してきていることから、予防接種法上で緊急接種の必要性が薄れたとして、季節性インフルエンザ等の5類へ見直す議論が出てます。

 

2類相当では患者の入院勧告、就業制限措置がとれるが、5類に引き下げれば感染拡大の危険性は薄くなったとされるため、現在の緊急接種から定期接種へと対応は変わる可能性が高くなります。

 

 

つまり、国費による無料接種から、インフルエンザ並みに個人の有料負担になるということです。


年間2兆3000億円を超える公費負担を今後も持続することは国庫事情から厳しいことは国民も理解しているでしょう。


しかし政府の主張はいま問題の防衛費の増額同様に拙速感は否めない。

 

ワクチンの無償化問題でも課題を先送りに、結論から進んでいるとしか思えないのだ。発熱外来を行う医療現場の声を聞いてみた。

 

 

コロナワクチン有料化になったら価格はいくら?

 

インフルエンザワクチンの接種は3600円で打っていますが、有料化になると、コロナワクチンは現在の価格は1名約9700円です。


1万円近くかけてインフルエンザ並みの疾患で接種を受けるとは思えません。

 

しかも、コロナ株の変異が続けばさらなるワクチンを打つことになる。

 


今年のように年に3回家族4名だと、ワクチンに約12万円も払うことになる

 

スポンサーリンク

 

有料化となれば医者は自費購入でリスクも生じる

 

有償で高額となれば、感染してもワクチン接種を受けない人は増えるでしょう。


さらに医療機関にとって経営問題が避けられないようです。

 

 

有料化になれば医者がワクチンを自費購入することになります。


ワクチンのバイアル瓶(注射剤の容器)1本には6名分のワクチンが入っています(インフルエンザは1本に1~2名分)。

 

開封後のワクチンは、6時間以内の使用が限度。


開封後にキャンセルが5名出れば、5名分のワクチンが廃棄されることになり、1バイアルで約5万円の赤字になります。

 

なので破産する医療機関が増えると思います。また、赤字を回避するために廃棄せずに使用する医者が出ないとも限りません。

 

無料化では患者との事故に行政が責任を取ってくれます。


有料化になれば医者側が責任を負うことになるので、接種を拒否する医者が出てくることも考えられます。

 

 

コロナワクチン有料化になったら価格はいくら? まとめ

 

政府は死亡率、重症化率が低下してきていることから、予防接種法上で緊急接種の必要性が薄れたとして、季節性インフルエンザ等の5類へ見直す議論が出てます。


そしてコロナワクチンが有料化になったら、インフルエンザワクチンの接種は3600円で打っていますが、コロナワクチンは現在の価格は1名約9700円です。


一家族3名で全員感染したら約3万円かかります。


払えますか?


おそらくワクチンを接種する人は少ないでしょう。


5類になっても当面は無料、またはインフルワクチン並みの300円程度になるようにしてほしいです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました