高校野球地区大会で完全試合?を達成した千葉投手?

この記事は約2分で読めます。

6月29日に行われた夏の甲子園出場予選である高校野球北北海道釧根
地区大会において、完全試合を達成?

 

 

スポンサーリンク

高校野球地区大会で完全試合?を達成した千葉投手?

 

武修館の先発千葉投手は、釧路北陽高校に対して、2-0で完封勝利し
ました。

試合内容は、1回、5回、6回にそれぞれ失策。そして内野安打や四球
で走者を出しましたが、いずれもけん制で走者をアウトにしたんです。

 

つまり千葉投手は9回で打者27人をアウトにしたんです。

 

千葉投手は落差のあるスライダーが低めに決まり、9回を9奪三振。走
者を出しても、冷静に相手の足の動きを捕らえていたんです。

 

試合後のインタビューでは、「カンです。走ってくるという雰囲気が出
ていたので」と語っていました。

 

高校野球での完全試合とは

完全試合とは、野球の試合における記録のひとつとして、相手チームの
打者(9回を打者27人)を一度も出塁させないで勝利することである。

と謳ってます。

 

なので記録上は完封勝利ですが、出塁させても自分の力(けん制)でア
ウトにさせた行為は、完全試合に匹敵すると思うのは、私だけでしょう
か?

 

2014年夏に甲子園出場経験がある武修館だけに、今後が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました