キングカメハメハが急死!ディープにつづきおまえもか!

この記事は約2分で読めます。

ディープインパクトの死に続き、競馬界にまたも悲しい出来事が起こっ
た。キングカメハメハが9日、繋養先の北海道安平町の社台スタリオン
ステーションで急死しました。

キングカメハメハは父Kingmambo、母マンファス、その父ラストタイ
クーンという血統。

現役時代は金子真人オーナーの所有馬で、栗東・松田国英厩舎の管理馬。

18歳でした。

 

スポンサーリンク

キングカメハメハの戦績

 

2003年京都でデビュー。2004年にはNHKマイルスとダービーで勝利で
2冠達成!

その後勝利から見放されていましたが、秋では神戸新聞杯で快勝。
しかし屈腱炎を発症したため引退を決意しました。

 

種牡馬として名馬を輩出

 

その後は社台スタリオンステーションで種牡馬となって、産駒に国内外
G1を6勝した「ロードカナロア」・ダートでG1を10勝の「ホッコータ
ルマエ」・牝馬3冠馬「アパパネ」をはじめ、「ドゥラメンテ」・「
イデオロ」のダービー馬など数多くの名馬を輩出しました。

その後体調不良のため、今年は種付けを中止して種牡馬を引退した。

 

急死の原因は

 

社台コーポーレーションの代表取締役を務める吉田勝己氏によれば、9
日夕方ごろから体調が悪化し、同日23時ごろに息を引き取ったという。

 

吉田氏は「もともと体調が悪かったのでね。よく頑張ったなという感じ
です。ここ5年は体調が良かったり、悪かったりでしたから。白内障で
目も見えていなかったし、人間でいう糖尿病みたいなものだったのか
な」と悼んだ。

タイトルとURLをコピーしました