柿の皮をむき方を知らない人必見!柿の皮は簡単に剥けれます!

この記事は約3分で読めます。

こんにちは!今回は柿のむき方について紹介していきたいと思います。

柿のむき方を知っている人というのはあまりいないと思いましたので今回紹介することにしました。

また、包丁の扱いに慣れていない方は怪我をするかもしれないので食べやすい簡単な方法を紹介します。

まず、作業をする前に、良質な柿の選び方は皮にハリとツヤがあり、ヘタと実の間に隙間が無く、色がオレンジ色に染まっていて、実自体に重みがあるものを選ぶのがポイントです。

 

スポンサーリンク

柿の皮を簡単にむけるやり方

それではさっそく手順を説明していきたいと思います。

まず、準備するものはまな板と包丁です。包丁はご自宅に常備されているもので問題ありません。

包丁の扱いに慣れていない方はゴム手袋を装着するとより安心安全に作業ができます。

まず、汚れなどが付着している場合があるため必ず水で軽く洗うようにしてください。

1.軽く洗えたら、上の画像のように柿を下にしてください。

 

スポンサーリンク

 

2.次に、十字に包丁を入れていきます。

この時、柿を完全に切断しないよう深い切り込みを入れるイメージで切るようにしてください。

切り進めるとヘタに包丁の刃が当たるので当たった感触を覚えたらそこで止めてください。

3.次に、切り込みを入れたら一旦包丁を置いて、手で4つにちぎって下さい。

上の写真のような状態になると思います。ヘタが取れるので捨ててもらって問題ありません。

5.次に、外皮と実を切り離します。包丁を持っていない方の手は外皮を持ち手前から奥へと包丁を入れて下さい。

逆の方向に包丁を入れると自分に包丁が当たって怪我をする恐れがあるからです。

包丁を持っていない方の手が包丁に触れるのが怖い方は少し多めに実を削っても問題ありません。

6.上の写真のような状態になったらヘタが付いていた部分が黒くなっていると思うのでそこを切り落とします。

7.上の画像のような状態になれば作業終了です。

 

柿の種は大きく硬いので食べるときは気をつけて下さい。

 

柿の皮の剥き方まとめ

今回は簡単な柿の剥き方について紹介してまいりました。

普段柿をよく食べるという人はあまりいないと思います。そのため、メジャーな果物であるにも関わらず剥き方がわからない人も多いように思います。

それに、柿は皮を剥かないと食べられません。市場に出回る機会も限られているためなかなか食べられることも少ないかと思います。

だからこそこの記事を読んでいただいた方は自分で一度皮を剥いて柿を食べてみてはいかがでしょうか。

また、意外と簡単に切ることができるので包丁に慣れていない方や包丁を使う練習してみたい方は是非試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました