釧路ならではのイベント情報・釧路湿原と世界3大夕日がヤバイ!

この記事は約4分で読めます。

町と自然の魅力を地元ガイドが案内! 釧路現地発着ミニツアー。地元の人だからこそ知る町の歴史や自然の魅力を直接聞くことができる、現地発着のガイド付きツアーが人気です。
釧路市でも気軽に参加できるツアーを多数用意しています。

 

スポンサーリンク

早朝魚河岸まち巡り「秋鮭水揚げ見学イベント」

バスコースか散策コースを選択可。荒天時は「まち巡り」のみ実施
秋の釧路は「アキアジ」の名で親しまれるサケの定置網漁に沸く。

とれたてのアキアジの迫力と、港の活気に満ちた水揚げ風景を間近で見られるのは、この時期だけの楽しみです。

開催日時

9月4日~10月4日
6時10分~7時45分(予定)
※日曜は休みです。

 

料金⇒無料(指定ホテル宿泊者限定で開催してます)
※前日までに宿泊施設へ要予約
場所⇒散策コース(徒歩)は釧路市観光国際交流センター集合。
バスコースは各宿泊施設の前に集合。

指定ホテル⇒釧路プリンスホテル、ANAクラウンプラザホテル釧路、釧路東急イン、釧路ロイヤルイン、ラスティングホテル

問い合わせ

釧路観光コンベンション協会
TEL⇒0154-31-1993

 

 

 

夕暮れまち巡りイベント

釧路の夕日は、世界3大夕日のひとつとしての名所としても知られています。

茜色に染まる町を観光ガイドと一緒に巡り歩くツアーでは、欄干に4体の彫刻「四季の像」が立つ観光名所・幣舞(ぬさまい)橋を中心に、町の歴史や見どころを紹介してます。

 

開催日時

9月1日~9月16日
16時30分~17時30分
9月17日~10月15日
16時~17時 3日前までに要予約。

料金:1人1,000円 最少催行人数2人
場所:釧路市観光国際交流センター出発・解散

問い合わせ

釧路観光コンベンション協会
TEL⇒0154-31-1993

 

 

列車に乗りながら釧路湿原を探索できるノロッコ号

くしろ湿原ノロッコ号は道東の観光スポットである釧路湿原(釧路~塘路間)をゆっくりと走りながら景色を楽しむことができる人気の観光列車です。

6両の編成車両で釧路湿原内を約1時間かけて旅をする列車です。

 

運行期間は

 

2往復(1号~4号)・釧路発車時刻が11:06分と13:35分の2往復
2019年6月1日(土)~16日(日)、6月20日(木)~9月10日(火)、2019年9月14日(土)~23日(月・祝)

 

1往復(1号・2号)・釧路発車時刻が11:06分
2019年9月24日(火)~10月14日(月・祝)

運賃は釧路~塘路間で大人540円。指定席料金は別途520円掛かりますが、混雑が予想されますので、指定席料金を別途購入された方が、安心です。

お問い合わせ

JR北海道電話案内センター

TEL 011-222-7111

 

 

イベント盛りだくさんの3日間釧路大漁どんぱく

 

90分以内に5軒の飲食店をハシゴする前夜祭として「釧路すえひろはしご酒大会」を皮切りに、寿司や炉端焼きなど釧路の味が集まる「いい味イキイキくしろ」、サンマやイカの水揚げ即売会やマグロ解体が行われる「釧路Oh! さかなまつり」など、毎日さまざまなイベントを3日間で開催されます。

花火大会では、直径約600メートルにもなる三尺玉が打ち上げられ、ものすごい轟音とどでかい花が、釧路港の夜空を飾ります。

 

開催日時

9月13日~15日
場所⇒釧路市内各所

 

問い合わせ

釧路観光コンベンション協会
TEL⇒0154-31-1993

 

 

釧路湿原の白銀世界を走るレトロなSL SL冬の湿原号

 

釧路の太平洋側は北海道のなかでも比較的降雪量が少なく、冬も過ごしやすい。

夏は「ノロッコ号」が人気だが、厳冬季に湿原を走るSLもまた魅力的です。運行初日はSLの重連で走行するので迫力満点です。

 

力強く疾走するSLの黒い車体が真っ白な雪に映え、北国らしい叙情的な風景を見せます。

 

レトロな車内でネイチャーガイドの解説があるほか、カフェカーにて限定グッズも販売しています。

また車内からタンチョウなど野生生物が見られることもあるかも!?

 

運行期間

 

1月下旬~3月上旬の限定日

 

運行区間

 

釧路駅~標茶(しべちゃ)駅・川湯温泉駅

 

問い合わせ

 

釧路駅
TEL⇒0154-22-4314(10時~18時)

 

タイトルとURLをコピーしました