観光で釧路に来たらおすすめしたい特集②観光スポット

この記事は約4分で読めます。

観光で釧路に来たらおすすめしたい特集!その2として、タンチョウを間近で観察できる2スポットと釧路湿原展望台を紹介しています。

 

スポンサーリンク

タンチョウを間近で観察 釧路市丹頂鶴自然公園

 

釧路市丹頂鶴自然公園は、国の特別天然記念物であるタンチョウの保護や増殖を目的に、昭和33年に開園。

 

7ヘクタールもある広大な敷地に、現在14羽が自然に近い環境の中で放し飼いにされていて、1年を通してタンチョウを見ることができます。

 

ヒナが生まれる春には、親子で歩く姿も見られます。

 

住所⇒釧路市鶴丘112
営業時間⇒9時~18時(体育の日の翌日~4月9日は~16時まで)
休日⇒12月31日~1月3日
料金⇒大人470円
TEL⇒0154-56-2219

 

goo.gl

 

釧路湿原を望むビュースポット釧路市湿原展望台

 

 

個性的な外観は湿原に群生するヤチボウズをモチーフにしています。

3階と屋上の展望スペースからは、釧路湿原と市街の街並みを一望できる。

 

館内には湿原の成り立ちなどを学べる展示スペースのほか、カフェやショップも併設しています。

敷地内には1周約1時間の遊歩道もあり、サテライト展望台からの湿原の眺めは壮観です。

住所⇒釧路市北斗6-11
営業時間⇒8時30分~18時(11月~4月は9時~17時)
休日⇒12月31日~1月3日
料金⇒大人470円
TEL⇒0154-56-2424

 

goo.gl

 

 

おみやげ、グルメが勢ぞろい! 釧路フィッシャーマンズワーフ MOO

 

炊き込みご飯に サンマがのった人気の「さんまんま

幣舞(ぬさまい)橋のたもとに立つ複合施設で、釧路のランドマーク的な存在です。

新鮮な魚介類が並ぶ「釧路市場」をはじめとし、市内を中心にひがし北海道の名産品を取りそろえたショップや、地元の食材を使った料理を提供する食事処が集まっています。

 

夏の観光シーズンには、屋外で海鮮を炭火で焼きながら味わう「岸壁炉ばた」が登場します。

住所⇒釧路市錦町2-4
営業時間⇒1階10時~19時(7・8 月は9時から)、2・3階11時~22時
※各店舗に より異なります。
休日⇒不定休
TEL⇒0154-23-0600

 

goo.gl

 

自分だけの海鮮丼“勝手丼”が名物の釧路和商市場

 

北海道三大市場の一つで、市場内を回って好きな海産物をご飯にのせて作る、オリジナルの海鮮丼「勝手丼」が名物です。

 

今年で60周年を迎え、古くから釧路市民の台所として親しまれてきました。

鮮魚や塩干しなどを扱う約60の店舗からは、威勢のいい掛け声が響き、活気があふれていて、観光時期になると超満員御礼です。

 

住所⇒釧路市黒金町13-25
営業時間⇒8時~18時※季節により異なります。
休日⇒不定休
休日曜不定休
TEL⇒0154-22-3226

 

goo.gl

 

釧路屈指のビュースポット 米町公園

 

展望台からは釧路湿原や釧路市街はもちろん、晴れた日には摩周岳や斜里岳まで眺められるビュースポットです。

 

道を挟んだ向かいには、明治33年(1900年)築の商家を移築した米町ふるさと館があり、当時の生活様式を今に伝えています。また明治41年(1908年)に釧路新聞の記者として、76日間滞在した石川啄木の資料も展示されています。

 

米町ふるさと館

住所⇒住釧路市米町1-1-21
営業時間⇒10時~15時
料金⇒無料
休日⇒月曜、12月31日~3月31日
TEL⇒0154-41-2032

 

goo.gl

 

次回は

釧路の魅力は雄大な自然と新鮮な海の幸だけにはとどまらない。炭鉱のある町ならではの 鉄道や工場見学などユニークで知的好奇心を満たすスポットがいっぱい!

タイトルとURLをコピーしました