オナラを我慢しなくて済むパンツが発売される?

この記事は約2分で読めます。

オナラは生理現象であり仕方ないと思います。
しかし、特に女性は周りを気にして、無理をして我慢し体調を崩す人もいると聞いています。

オナラが出るのは正常なんですが、無理に我慢していると口臭や体臭がきつくなったり、腸内環境が悪化していきます。そんな悩みを持たれている人に朗報です。オナラを我慢しなくて済むパンツが発売される?

 

 

スポンサーリンク

オナラを我慢しなくても済むパンツを開発?

 

東京の高校生3人が「オナラの音と臭いを消すパンツ」の開発に取り組んでます。

すでに、オナラの音を小さくするクッションや、臭いをやわらげるパンツは商品化されているが、3人が目指すのは、臭いと音の両方を消す万能パンツです。

開発したのは布施和伸君、斎藤和寛君、齋藤潤一君(東京・東京学芸大学附属高校、共に3年)。音を消すには、障害物で音をはね返して遮断する遮音と、音を吸収する吸音を組み合わせると効果があると分かった。

 

オナラの吸音実験

 

吸音材の役割を担うスポンジで携帯電話をくるみ、缶の中に入れて密閉したら、アラーム音がどのくらい小さくなるか試した。

すると、密閉状態の中で音がはね返り、音波同士が音を打ち消しあい、高い消音効果がある事を発見!。

 

 

オナラの消臭実験

 

臭いを吸着する活性炭を用いた消臭実験をしました。

きつい臭いのアンモニアと硫化水素を活性炭で消臭できるかを実験しようと、パンツの中と同じ条件にするため、活性炭を袋に入れて実験すると、2つの気体を吸着させた活性炭の質量が増えており、消臭効果が得られました。

 

さらに実験を重ねて、袋に入れた脱臭効果の高い活性炭、2枚のステンレス板(遮音材)、2枚の市販の吸音材を、2枚の布の間に挟み、パンツのお尻が当たる部分に装着して実験。

実際に履いてオナラを出して、音と臭いを5回測定したところ、お尻から30センチ以上離れれば臭いはしない結果になりました。

 

普通のパンツと、試作品を履いたときのオナラの音を音量測定器でそれぞれ計測すると、試作品の方が音を抑えられていた。・・・でも完全に音は消えなかったが、効果は抜群!

 

しかし、使用したステンレスが履き心地の面で悪いという課題も残ったんです。

今後は消音と履き心地を改善し、商品化を目指したいと、意気込んでいました。

これができれば、女性だけでなく、セールス担当者の男性にとっても朗報ではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました