高校サッカーインターハイ男子2019年優勝校の予想と注目選手と結果!

この記事は約12分で読めます。

インターハイすなわち高校総体のひとつとして、高校の男子サッカー大
会がが7月26日から日本最南端の沖縄県で開幕されました。

日本一を目指して熱い戦いが沖縄で繰り広げられていますが、今年の高
校男子サッカーは、どのチームが優勝するのでしょうか?

 

インターハイはトーナメント形式で行われる一発勝負なので、ドンデン
ガイシが有るので、意外なチームが勝ち上がることもあります。

高校サッカーインターハイ男子2019年優勝予想と注目選手をまとめてみ
ました。

 

尚、結果は随時更新してお知らせします!

 

スポンサーリンク

インターハイ(高校総体)2019サッカー男子の日程

開催期間

2019年7月26日(金) ~ 8月1日(木)

7月26日(金) 1回戦
7月27日(土) 2回戦
7月28日(日) 3回戦
7月30日(火) 準々決勝
7月31日(水) 準決勝
8月01日(木) 決勝

 

会場

 

金武町陸上競技場 (沖縄県国頭郡金武町)
金武町フットボールセンター (沖縄県国頭郡金武町)
南城市陸上競技場 (沖縄県南城市)
恩納村赤間運動場 (沖縄県国頭郡恩納村)
北谷公園陸上競技場 (沖縄県中頭郡北谷町)
吉の浦公園ごさまる陸上競技場 (沖縄県中頭郡中城村)
西原町民陸上競技場 (沖縄県中頭郡西原町)
黄金森公園陸上競技場(沖縄県島尻郡南風原町)
東風平運動公園サッカー場(沖縄県島尻郡八重瀬町)

 

 

高校サッカーインターハイ出場高校 一覧

 

すでに全国でチーム代表戦を戦って、代表チームが決まっています。

 

出場高校名代表都道府県出場回数
札幌第一北海道9年ぶり7回目
北海北海道2年連続9回目
青森山田青森20年連続23回目
秋田商業秋田2年ぶり34回目
専大北上岩手初出場
聖和学園宮城8年ぶり3回目
羽黒山形2年連続9回目
尚志福島10年連続12回目
水戸商業茨城8年ぶり23回目
矢板中央栃木2年連続9回目
前橋育英群馬3年連続16回目
西武台埼玉4年ぶり11回目
日体大柏千葉33年ぶり2回目
國學院久我山東京2年連続10回目
大成東京初出場
桐光学園神奈川2年連続14回目
東海大相模神奈川2年ぶり2回目
韮崎山梨6年ぶり30回目
北越新潟12年ぶり3回目
松本国際長野2年連続4回目
富山第一富山3年連続28回目
星陵石川8年連続27回目
丸岡福井2年ぶり31回目
清水桜が丘静岡4年ぶり2回目
名経大高蔵愛知2年ぶり2回目
帝京大可児岐阜2年ぶり6回目
四日市中央工三重4年ぶり29回目
近江滋賀2年ぶり2回目
京都橘京都2年ぶり5回目
五條奈良13年ぶり3回目
初芝橋本和歌山3年連続16回目
阪南大高大阪3年連続4回目
関大一高大阪13年ぶり4回目
三田学園兵庫4年ぶり2回目
米子北鳥取12年連続15回目
大社島根12年ぶり11回目
作陽岡山2年連続23回目
広島皆実広島3年ぶり15回目
西京山口3年ぶり5回目
四学大香川西香川2年ぶり11回目
徳島市立徳島6年連続18回目
新田愛媛4年ぶり7回目
高知高知7年ぶり15回目
東福岡福岡8年連続17回目
佐賀北佐賀9年ぶり10回目
長崎日大長崎2年連続6回目
大分大分2年連続12回目
大津熊本2年連続20回目
日章学園宮崎4年連続15回目
神村学園鹿児島3年連続6回目
那覇西沖縄2年ぶり16回目
西原沖縄12年ぶり5回目

 

 

 

高校サッカーインターハイ 試合日程

 

1回戦

 

Noキックオフ日時対戦カード会場
107/26(金)09:30大分 2―0 近江恩納村赤間運動場
207/26(金)09:30帝京大可児 2―0 北海金武町陸上競技場
307/26(金)09:30佐賀北 0―0 徳島市立

PK  3―5

南城市陸上競技場
407/26(金)09:30阪南大高 1―0 広島皆実西原町民陸上競技場
507/26(金)09:30水戸商業 1―0 星陵東風平運動公園サッカー場
607/26(金)09:30尚志 5―0 四日市中央工黄金森公園陸上競技場
707/26(金)09:30神村学園 3―2 國學院久我山金武町フットボールセンター
807/26(金)09:30羽黒 1―6 初芝橋本金武町フットボールセンター
907/26(金)09:30作陽 1―1 三田学園

PK  4―2

吉の浦公園ごさまる陸上競技場
1007/26(金)09:30高知 3―2 松本国際北谷公園陸上競技場
1107/26(金)12:00専大北上 3―2 大社金武町フットボールセンター
1207/26(金)12:00日体大柏 0―0 五條

PK  4―5

北谷公園陸上競技場
1307/26(金)12:00大成 1―2 名経大高蔵南城市陸上競技場
1407/26(金)12:00北越 2―1 新田恩納村赤間運動場
1507/26(金)12:00青森山田 2―0 前橋育英金武町フットボールセンター
1607/26(金)12:00四学大香川西 1―3 西京黄金森公園陸上競技場
1707/26(金)12:00関大一高 0―4 米子北西原町民陸上競技場
1807/26(金)12:00丸岡 1―0 聖和学園金武町陸上競技場
1907/26(金)12:00矢板中央 2―0 札幌第一吉の浦公園ごさまる陸上競技場
2007/26(金)12:00清水桜が丘 2―0 東福岡東風平運動公園サッカー場

 

2回戦

 

Noキックオフ日時対戦カード会場
2107/27(土)09:30韮崎 0―1 大分金武町陸上競技場
2207/27(土)09:30帝京大可児 0―0 徳島市立

PK  4―5

北谷公園陸上競技場
2307/27(土)09:30秋田商業 0―1 阪南大高東風平運動公園サッカー場
2407/27(土)09:30富山第一 1―0 水戸商業吉の浦公園ごさまる陸上競技場
2507/27(土)09:30東海大相模 2―3 尚志南城市陸上競技場
2607/27(土)09:30西原 1―6 神村学園西原町民陸上競技場
2707/27(土)09:30初芝橋本 1―0 作陽黄金森公園陸上競技場
2807/27(土)09:30西武台 0―4 高知金武町フットボールセンター
2907/27(土)12:00京都橘 1―1 専大北上

PK  4―1

金武町陸上競技場
3007/27(土)12:00五條 0―0 名経大高蔵

PK  6―7

東風平運動公園サッカー場
3107/27(土)12:00那覇西 0―1 北越黄金森公園陸上競技場
3207/27(土)12:00大津 0―1 青森山田吉の浦公園ごさまる陸上競技場
3307/27(土)12:00日章学園 1―1 西京

PK  4―5

西原町民陸上競技場
3407/27(土)12:00米子北 1―0 長崎日大南城市陸上競技場
3507/27(土)12:00丸岡 1―1 矢板中央

PK  3―2

北谷公園陸上競技場
3607/27(土)12:00桐光学園 0―0 清水桜が丘

PK  8―7

金武町フットボールセンター

 

3回戦

 

Noキックオフ日時対戦カード会場
3707/28(日)09:30大分 0―0 徳島市立

PK  6―7

金武町フットボールセンター
3807/28(日)09:30阪南大高 0―0 富山第一

PK  3―5

南城市陸上競技場
3907/28(日)09:30尚志 1―1 神村学園

PK  4―2

吉の浦公園ごさまる陸上競技場
4007/28(日)09:30初芝橋本 1―0 高知黄金森公園陸上競技場
4107/28(日)12:00京都橘 3―0 名経大高蔵南城市陸上競技場
4207/28(日)12:00北越 1―1 青森山田

PK  5―3

黄金森公園陸上競技場
4307/28(日)12:00西京 2―0 米子北吉の浦公園ごさまる陸上競技場
4407/28(日)12:00丸岡 0―1 桐光学園金武町フットボールセンター

 

優勝候補の青森山田高校が3回戦で敗退してしまいましたネ!。

 

PKにもつれ込んだのが、敗退の原因か?

やっぱりサッカーは、下馬評通りには行きませんネ!!!

 

準々決勝

 

Noキックオフ日時対戦カード会場
4507/30(火)09:30徳島市立 1―3 富山第一金武町フットボールセンター
4607/30(火)09:30尚志 4―2 初芝橋本西原町民陸上競技場
4707/30(火)09:30京都橘 2―1 北越東風平運動公園サッカー場
4807/30(火)09:30西京 1―2 桐光学園吉の浦公園ごさまる陸上競技場

 

前評判通り桐光学園が順調に勝ち進んでいますネ!

守備には定評がありますが、得点力が弱いのが気になります。

 

準決勝

 

Noキックオフ日時対戦カード会場
4907/31(水)09:30富山第一 1―0 尚志吉の浦公園ごさまる陸上競技場
5007/31(水)09:30京都橘 0―1 桐光学園黄金森公園陸上競技場

 

桐光学園は序盤から京都橘に攻め込まれ、再三に渡ってピンチを迎えて、
PK戦にもつれ込むと思われたが、アディショナルタイムでエースの西川
が決めて決勝進出を決めました。

 

決勝

 

Noキックオフ日時対戦カード会場
5108/01(木)13:00桐光学園 1―0 富山第一金武町陸上競技場

 

更新が遅れてスミマセン!

2大会連続での決勝進出した桐光学園と、初の4強入りした名門・富山第
一との対戦。

試合は0-0で迎えた後半アディショナルタイム、MF神田洸樹が右足で決
めたゴールにより桐光学園が1-0で勝利して、初優勝を果たしました。

前回大会は惜しくも準優勝で終わった桐光学園がラストワンプレーとい
う劇的勝利で令和初の夏の高校サッカー日本一に輝きました。

高校サッカーインターハイ男子2019優勝予想校は!

 

高校サッカーインターハイ男子2019優勝予想校は青森山田高校だと思い
ます。

青森山田高校は近年高校サッカー界を席巻しつつあるチームで、冬の選
手権も第95回(2016年度)、第97回(2018年度)と前3大会のうち2回を制し
ていました。

また現在行われている高円宮杯U18プレミアリーグでは、Jリーグのユー
スチーム等を相手に6勝2分の無敗と首位に立っており、得点力および守備力
も高校レベルでは抜けた存在だと思います。

 

高校サッカーインターハイ男子2019優勝高は!

1-0で桐光学園が優勝しました!

私の予想みごとに覆した桐光学園はあっぱれでしたネ!

全試合観てもあまり得点されていないので、守備に定評があるチームな
んですネ!

びっくりしました。

セレッソ大阪加入内定のFW西川潤さんには、プロになっても活躍を期待
しています。

個人的には、青森山田高校の武田英寿選手の方が来季から浦和への加入
が内定していますので活躍しそうです。

 

高校サッカーインターハイ男子で2019年の注目選手は!

 

インターハイ2019サッカー男子で注目して見たい選手は2人います。

 

武田英寿選手

 

1人目は優勝候補にも挙げた青森山田高校の武田英寿選手です。

現在フル代表の中心選手である柴崎岳選手も着けていた青森山田高校の
エースナンバーである10番を背負っています。

左利きの司令塔で味方への決定的なパスや自らも得点を取れる攻撃力の
高い選手で、来季から浦和への加入が内定しています。

名前も元日本代表のレジェンドである中田英寿選手にあやかって名づけ
られたそうで、ここから代表や世界へ羽ばたく選手になってほしいです
ね。

 

西川潤選手

 

もう1人は桐光学園の西川潤選手です。

セレッソ大阪への加入が内定しており、既に特別指定選手としてルヴァ
ンカップに出場しアシストも記録しています。

かつて中村俊輔も背負った桐光学園の10番を身に纏っており、同じ左利
きということでも注目されています。

6月に行われたU-20W杯に17歳ながら選出され、グループステージでも先
発出場を果たしています。
世界の舞台でも得意のドリブル突破から何度もチャンスを作っていまし
たので、今大会でも活躍が期待されています。

 

まとめ

2019年全国高校サッカーインターハイ男子が優勝するチームは、青森山
田高校と下馬評で予想されますが、トーナメント方式なので勝算が分か
りません。

実力が発揮できれば、青森山田高校か桐光学園の争いになると思います。

悲しいけど・・・地元北海道の札幌第一および北海高校が、予想にラン
クインしていない事が悲しいです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました