スポンサーリンク

台風14号北海道上陸?前線の影響で19日から大雨のおそれ

この記事は約3分で読めます。

北上する台風14号や前線の影響で、北海道内は19日から大雨となるおそれがあり、気象台は、低い土地の浸水や土砂災害などに十分注意するよう呼びかけています。

 

札幌管区気象台によると、大型で非常に強い台風14号は、20日から21日にかけて、北海道に上陸するおそれがあります。

 

台風と停滞する前線の影響で、18日の北海道内は雨となり、19日から21日にかけて、太平洋側や日本海側南部を中心に大雨となる見込みです。

 

 

スポンサーリンク

台風14号と前線の影響による降雨量予想


台風14号と前線の影響による北海道内降雨量予想が発表されました。

 

18日午前6時までの24時間に降る雨の量は


●太平洋側と日本海側⇒ 80mm

●オホーツク海側⇒ 50mm


予想されています。

 

 

その後の20日午前6時までの24時間に降る雨の量は

 

●太平洋側と日本海側⇒ 100mm~150mm


●オホーツク海側⇒ 50mm~100mm


予想されています。

 

 

気象台は、●太平洋側と日本海側南部を中心に、19日~21日にかけて大雨による低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水に十分注意。


●日本海側と太平洋側では、20日~21日にかけて強風や高波に十分注意するよう呼びかけています

 

 

スポンサーリンク

台風14号概況


9月18日午前10時現在


大型で非常に強い台風14号は、18日(日)午前10時現在、屋久島の南南東約50kmにあって、時速25キロで北北西に進んでいます。


中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっています。


この台風は、今後19日(月)にかけて九州にかなり接近し、上陸する可能性があります。

 


鹿児島県では、これまでに経験したことのないような暴風や高波、高潮となるおそれがあります。


暴風や高波、高潮に最大級の警戒をしてください。また、九州南部と九州北部地方では、記録的な大雨となるおそれがあるため、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

 

ヤフーニュース提供


名称⇒ NANMADOL(ナンマドル)


大きさ⇒ 大型


強さ⇒ 非常に強い


存在地域⇒ 屋久島の南南東約50km


中心位置⇒ 北緯29度55分・東経130度50分


進行方向⇒ 北北西


速さ⇒ 25km/h


中心気圧⇒ 925hPa


最大風速⇒ 中心付近で50m/s


最大瞬間風速⇒ 70m/s


暴風域⇒ (25m/s以上)・北東側220km・南西側165km


強風域⇒ (15m/s以上)・東側750km・西側650km

 

 

台風14号北海道上陸?前線の影響で19日から大雨のおそれまとめ

 


気象台は、太平洋側と日本海側南部を中心に、19日~21日にかけて大雨による低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水に十分注意。


日本海側と太平洋側では、20日~21日にかけて強風や高波に十分注意するよう呼びかけています


台風のまま北海道内に上陸する可能性があります。

 

 

テレビやラジオを通して最新の台風状況を把握して、避難されるときはあらかじめ指定された避難場所へ向かうことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた、近くの頑丈な建物の上層階に避難するなど、自らの判断でその時点で最善の安全確保行動をとることが重要です。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました